岩盤浴とサウナの違い

岩盤浴の効果

岩盤浴をする最大の目的は毒素排出

毎日入浴をしているだけでも、ある程度の毒素は排出されます。
毒素が排出されやすいのは、身体が温まったときなのです。
半身浴や足浴がデトックスにいいと言われる理由も同じです。
日常的に行える対策の中では、岩盤浴が最も毒素排出効果が高いです。
ペットボトルの水を飲みながら岩盤浴をすると、おびただしい発汗があります。
毒素が溜まっている方の汗は臭いが強く、重々しい感じがあります。
しかし、岩盤浴を定期的に行うことで、サラサラとした水のような汗に変化していき、臭いもほとんどしなくなります。
これは毒素が排出された証拠であり、特にワキ下の臭いが軽減します。
生きている以上は、どんなに注意しても体内に毒素が溜まります。
車の排気ガス、タバコの副流煙、食べ物からの摂取など。
毒素は誰の身体にも存在しますが、量が増えすぎると様々な悪さをはじめます。
代謝を低下させて病気のリスクを高めたり、太りやすい体質に変化させたり。
食事制限をしても痩せない方は、体内毒素が原因であるケースが多いほどです。
これらの毒素を排出するには、週1~2回程度の岩盤浴がおすすめです。
無理に義務化して毎日行おうとするとストレスが溜まって長続きしないので、週に1~2回に留めておくのがいいです。

サウナと岩盤浴の効果の違い

簡単に汗をかくことができる岩盤浴、その気持ちよさが他に類をみないのはなぜでしょうか。
ただ単純に汗をかくのであれば、サウナという手段もあります。
しかし、サウナは単純に暑い空間に身を置くことで身体が体温を下げようとして汗をかくというメカニズムです。
効果はある程度ありますが、言ってしまえば「暑いから汗をかく」という現象に留まってしまいます。
ところが岩盤浴は天然石の力を借りることで、熱が身体の内部から内蔵を包み込むようにしてじわじわと温めます。
例えば、風邪を引いたときに熱が出るのは、体内にいる細菌やウィルスを熱によって退治するためです。
それと同じ効果が岩盤浴にはあります。
身体を芯から温めることは健康への基本的な第一歩となるのです。
サウナのように表面からではなく、内部から温まったそれぞれの器官が、そこに溜まっているものを汗腺を通じて外へ排出していきます。
これが、汗をかいたあとの爽快感の違いになります。
内蔵を温めるということを頭において、岩盤浴ではまずうつ伏せになることをおすすめします。
お腹を温めることで臍下にある丹田という箇所が活性化し、そこから体の中心のバランスが整っていきます。
5分ほど休憩を挟み、仰向けになって全身を温めていくと良いでしょう。

check

豊中市内の歯科をお探しの方はご相談ください

豊中市 歯科

あなたのキレイをお手伝いする、地域のキレイサポーターを目指します

美容室 砺波

故人様、そしてご家族様の想いにお応えするための、様々な海洋散骨プランを提供

海洋散骨

巣鴨で歯の治療をお考えの方はこちらの歯科にご相談ください

巣鴨で歯科を探す

ハワイで人気のビーチフォトウェディングのまとめです

ハワイでビーチフォト撮影

2018/9/28 更新

copylight (C) 2015 岩盤浴の効果. All Rights Reserved.